洋野町でも二戸のPRを✨

おはようございます。
昨夜も折爪岳山頂に行って、光りながら飛ぶヒメボタルの姿に感動したケイティです。

さて。
先週金曜(6/29)、代休を取って洋野町に行ってきました。
ケイティが洋野町にいた時から続けている有志活動「洋野エモーション」(←JR八戸線のレストラン列車・東北エモーションが洋野町を通過する時に歓迎のお出迎えをする活動)のご縁で、JR盛岡支社の若手社員さんが洋野エモーションに参加する研修を始めてくれて、早くも5年目。
その研修において、「二戸」を宣伝したり、「二戸人」との出会いがあったので、ご紹介します


180629a.jpg
洋野町の有家(うげ)地区センター。
今回は、JR盛岡支社の入社2年目社員さん42名が来てくれました。
まんず、ケイティから社員さんに向けて、洋野エモーションという活動のきっかけや経緯、これまでの展開などをお話しつつ、最後には二戸のPRも織り交ぜました。
折爪岳のヒメボタル鑑賞会にね、ぜひ来てもらいたい!…と。
この中で1人でも、本当に来てくれたら嬉しいなぁ



DSC_6858.jpg
20代の若者たちを前に話をするのは若干緊張しましたが、みんな真剣に聞いてくれました



DSC_6867.jpg
続いて、有家浜へ移動。
それぞれの表現力を爆発させて東北エモーションをお出迎えできるよう、準備運動はぬかりなく。



IMG_3172.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
こんな感じで、旗を振ったり、手を振ったり、走って追いかけたりして、乗っているお客さんと感動を共有します。

※これを、「エモる」と言います。



IMG_3156.jpg
エモい

ちなみに、制服を着ているJR社員さんは、この日応援にかけつけてくれたJR八戸運輸区の滝田助役さんです。
洋野エモーションの常連さんです。
ありがだい…



IMG_3211a.jpg
エモった後は、みんなで記念撮影。
これだけの若者が洋野町に集まるっのて、ほんと貴重なんですよ。
なんせ20代は進学とかで町を出てしまうケースが多いからね



180629b.jpg
そして、まさかの「二戸人(にのへびと)」との出会い…!
この日、八戸駅長さんから参加者全員にスポーツドリンクを差し入れして頂いたのですが、八戸駅長さんご本人は別のお仕事のため研修には来られず…。
で、代理で来てくださった、JR八戸地区指導センターの高澤さんという方が、まさかの二戸生まれ二戸育ち二戸在住!!(写真左から2番目)
これにはケイティびっくりでしたよ~。
意外なところで、二戸つながり



DSC_6880.jpg
そんなこんなで、お昼は美味しいお弁当を食べ…。



DSC_6883.jpg
研修の最後は、感想発表。
すごくエモいこと言ってくれた社員さんが何人かいて、ケイティめっつる出そうでした。



DSC_6894.jpg
そして、社員さん達がバスで帰るのをお見送り。
青いサッカーユニフォームを着ているのは、この研修を主催している、JR盛岡支社の人事課の谷藤さんです。
とてもエモい社員さんです。



DSC_6898.jpg
エモい、エモすぎる光景www



DSC_6900.jpg
見えなくなる最後の最後まで見送るのが、洋野エモーション


…というわけで、どこへ行っても二戸をPRする気持ちを忘れないケイティなのでした~




関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ