十割そばのお店「米田工房 そばえ庵」

こんぬづわ。
お財布をなくす夢だったり、車運転しててブレーキがきかなくなる夢だったり、ここのところ夢見が悪いケイティです

さて。
昨日今日は雨でめっきり寒いですね~
こんな寒さでも元気に行こうぜ!…ってことで、おいしいおそばを食べてきました♪


9F1A6796.jpg
じゃじゃーん。
二戸市下斗米地区にある十割そばのお店、米田工房そばえ庵です!
職場のアンジェラ先輩と一緒に行ってきました。



9F1A6800.jpg
テーブルにはすでに2人分のセッティングがしてありました。
確かに2日前に予約はしてたったけど…。
待っててくれたみたいで感動



9F1A6799.jpg
店主の米田(まいた)カヨさん。
岩手県が認定した「食の匠」でもあります。
とっても明るくて笑顔が素敵~



9F1A6801.jpg
手書きのお品書きが味わい深い…。
そしてなんと、韓国語表記のメニューも!
外国からのお客様も多いんだそうです。



9F1A6803.jpg
要予約の田舎セット(1500円)!
ざるそば、柳ばっと、酢の物、五穀御飯、へっちょこだんご、のセットです。

雑穀も、おまけで付いてたばっけ味噌も大根も地元産。



9F1A6804.jpg
YA NA GI BA TTO!!!!
二戸地域の郷土料理「柳ばっと」です。

二戸産そば粉で作った「ばっと」と、カヨさん手作りの醤油を使ったおつゆが超絶おいしい!
しかも、存在感を放つこの朱色の器は、浄法寺塗りの漆器です。



9F1A6809.jpg
カヨさんが打った十割そば。
そばが乗ったこのざるがまた、味があって素敵だな~と思ったら。
どうやら二戸市内で作られたものらしい。
二戸の手仕事、ハンパないな…。



9F1A6811.jpg
HE CCHO KO DA N GO!!!!!
こちらも二戸地域の郷土料理「へっちょこだんご」です。
名前の由来は、真ん中がくぼんだ形がおへそ(へっちょ)に似ているから…とか、
農家の人たちが、秋の収穫が終えて農作業がひと段落した時に、「へっちょはいだ(苦労したなぁ~)」と一年の苦労をねぎらいあって食べたことから名づけられた…とか、諸説あるようです



9F1A6806.jpg
おまけで椎茸でてきた!
カヨさんが昨日一戸町の産直で見つけて、「おいしそうだなぁ~」と思って買ってきてくれたものらしい。
そのささやかな気持ちがなんだかすごくうれしい~。
1個の椎茸をこんなに味わって食べたのは初めてだわ…。



9F1A6808.jpg
これまたおまけで、うるい!
…の、手作りニラドレッシングがけ!
いや~、うるいとニラでこんなにご馳走になるとは!…というくらいおいしかったです。


80歳を超えた現在でも、仲良しのお友達と年に2回は全国各地にお出かけするというカヨさん。
その元気の源は、「そば」の力にあるのかもしれません。
皆さんもぜひ、カヨさんのそばを食べに行ってみてくださいね~


米田工房 そばえ庵の情報はこちら(二戸市観光協会HP内)
http://ninohe-kanko.com/gourmet/2931



関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ