FC2ブログ

二戸のホワイトアスパラガスが食べられるお店、東京・護国寺のリストランテAdosi

こんぬづわ。
昨日、埼玉県西部の飯能市にて約9キロの山歩きをし、現在全身筋肉痛なケイティです。

さて。
二戸市浄法寺町の馬場園芸「三右ヱ門」のホワイトアスパラガスがどれほど美味しいかについて、先日ブログでも紹介したわけですが…。

その時の記事はこちら
浄法寺の馬場園芸

東京で、馬場園芸「三右ヱ門」のホワイトアスパラガスを使ったお料理を出しているお店が何軒かあるということだったので、東京出張の際におじゃましてきました!



DSC_0396.jpg
どーん
東京都文京区・護国寺駅から歩いて5分のところにある、リストランテAdosi(アドジ)!
「大切な人を連れていきたくなるレストラン」というテーマの、隠れ家的なお店です。
ランチ、ディナーそれぞれ1日3組ずつ限定…ということだったので、事前に予約をして、母と一緒にランチコースを食べにおじゃましてきました



DSC_0397.jpg
テーブルセッティングが素敵で、テンションUP



DSC_0399.jpg
赤い光沢のある布地のナプキンに、葡萄の飾りがめんこい



DSC_0398.jpg
このガラスの器にはおしぼりが入っていました。
オシャレ~



DSC_0401.jpg
食前酒も飲んでみましたよ
(ランチコースとは別料金)



DSC_0402.jpg
母は、中国の薬膳茶。
体に良さそうな、とてもよい香り



DSC_0404.jpg
まずは前菜が運ばれてきました!
埼玉県小川町横田農場のトピナンブール(キクイモ)のズッパ(スープ)です。
キクイモのスープなんて初めてだわ~
さっぱりしつつもコクのある味でした。



DSC_0406.jpg
そして…!
ホワイトアスパラガスがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
パフェ仕立てのサラダとなーーー!!
馬場園芸「三右ヱ門」のほうれん草とルッコラも使われていて、まさに馬場園芸スペシャル!!
上にはごぼうを薄く切って揚げたものと海老が乗っていて、いろいろな食感が楽しめるようになっています。



DSC_0413.jpg
これが、馬場園芸「三右ヱ門」のホワイトアスパラガス。
市販のドレッシングでは味わえないような素敵な味のソース(?)がかかっていました



DSC_0414.jpg
続いて、イタリア直送モルタデッラボローニャIGPのグリル。

「IGP」とは、イタリアの食品品質認定表示のことだそうです。
100%豚肉で作られていて、円柱形の形や色や香り、品質などにこだわって作られたものなんですって



DSC_0415.jpg
モルタデッラ、懐かしいな…。
あ、そうは言っても、本場イタリアに食べに行ったことがある…とかではなく
20代の頃、都内の外国人向け食料品スーパーの精肉売り場でアルバイトしてたことがあって、イタリアの生ハムとかモルタデッラとかのラインナップが豊富だったんですよね~



DSC_0418.jpg
そしてパスタ!
マンチーニ社のスパゲッティーニ 菜の花とトマトソース。
マンチーニ社とは、自社栽培の厳選したデュラム小麦を使用し、最新鋭の工場で伝統的な製法を守り、原料から一貫製造するパスタづくりが高い評価を得ている会社だそうです。



DSC_0419.jpg
菜の花で、一足お先に春気分。
黒いのは何だったかな…。
キャビアだったかな?



DSC_0422.jpg
最後にデザート!
南部一郎かぼちゃのプリンと、ミントの葉っぱの陰に隠れた左側のちゃっこいのは、苺のメレンゲ(?)でした。
どっちもとっても美味しかった~~



20190123_131214.jpg
食後のコーヒー。
マグカップがオシャレめんこいですね
写真奥の小さい袋には砂糖が入っているのですが、イタリアではこういう風にガサっと盛り付けて出すらしく、イタリアらしさを再現しているそうです。

いや~、母と一緒に東京に出かけ、美味しいものを食べて、非日常の時間を過ごせました。
ランチも1日3組限定なので、テーブル3つのお客さん以外に出入りする人がいないので、すごく落ち着いて食べることができたのもよかったです



20190123_132149.jpg
入り口のドアに掛けてあったリースも素敵だったなぁ…。
「Benvenuti」って何語かなぁ~と思ってググってみたら、イタリア語で「歓迎」とか「いらっしゃい」の意味らしい。



20190123_132035.jpg
最後に、シェフの礒田伸一さんと、奥様でソムリエールの優香さん。

伸一さんは、東京丸の内にある「アンティカオステリアデルポンテ」というイタリアの2つ星の店の東京店とイタリアで働いてたそうなんですが、イタリアや日本各地の厳選食材をふんだんに使ったお料理を楽しんでもらえる、隠れ家のような、大切な人と来たくなるレストランを…ということで、このAdosi が2017年12月にオープンしました。

ちなみに、お店の名前の「Adosi 」の由来は、何かイタリア語の単語かな…?と思ったら…。
まさかの、お2人の苗字「Isoda」を反対から読むと「Adosi」



DSC_0426a.jpg
馬場園芸「三右ヱ門」のホワイトアスパラガスとの出会いは、2017年の夏に東京で開催された食材のイベントで馬場園芸社長の馬場淳さんと出会い、ホワイトアスパラガスをサンプルで食べた時の衝撃的な美味しさですぐに気に入り、使うことに決めたんだそうです。
運命の出会いだったんですね…

伸一さんは、もともとお父さんがが出張でよくイタリアに行っていたそうで、それがきっかけでイタリアに触れる機会が多く、イタリア料理を目指すことになったんですって。
「イタリアの野菜は大地の力強い味があり、馬場さんの野菜と共通するところがあるなと思います。」…ということでした


関東にお住まいの方で、二戸市浄法寺町・馬場園芸「三右ヱ門」のホワイトアスパラガスを食べてみたい方は、ぜひ!
リストランテAdosi へどうぞ~!
礒田さんご夫妻が温かく迎えてくれますよ


リストランテAdosiの情報はこちら
HP https://adosi2017.com/
Facebook https://www.facebook.com/ristrante.adosi
Instagram https://www.instagram.com/adosidal2017


伸一さん、優香さん、美味しいお料理と非日常のひとときをどうもありがとうございました!
また食べに行きますね。
二戸にもぜひ遊びに来て下さいね~



【おまけ】
20190123_134641.jpg
Adosiでランチした後…、
母が、「護国寺に行ってみない?」…というので、立ち寄ってみました。
そしたらね…、おみくじでまさかの大吉が出たーーーー!!
数年ぶり…というか、10年ぶりレベルで久しぶりかもしれない、大吉

去年は二戸に来れたことでとてもいい1年でしたが、今年もますますいい1年になるのかな~


関連記事
スポンサーサイト



コメント 1件

コメントはまだありません
Kiyolan  
ゆかりのお店を探し中

Facebookで在京二戸人会というページの管理人をしている柴田です。
二戸とゆかりのある東京のお店を探しておりましたら、ケイティさんのブログにたどり着きました。
是非ご紹介させてください。
ブログを拝見したら、久しぶりにホワイトアスパラガス食べたくなりました。
今後とも掲載可能な情報等ございましたら、遠慮なくお知らせください。

2019/09/02 (Mon) 21:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ