FC2ブログ

2つのおもてなしセミナーで学んだこと

こんぬづわ。
出張に行っていたため、1週間ほどブログ更新できなくてゴメンなケイティです

さて。
去年の11月の話なんですけどね…。
どうしても書いておきたくてね…


DSC_8764.jpg
11月2日(金)。
晴天のMORIOKA CITY。



omotenashi_seminar.jpg
この日は、このセミナーに参加するために盛岡に行ったのです。
「明日からできる 緊急おもてなしセミナー」!!
今年の秋にラグビーのワールドカップが日本で開催されるのですが、その中の会場の1つに、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムが選ばれているのですよね。
…ということは、世界中のラグビーファンの人達が岩手に来ることになる!
…ということで、「外国人をおもてなしする時の心得をみんなで学ぼう」…ということで、地域を盛り上げるプロの村尾隆介さんの講演が開催されたのです。


参加に至る経緯が、すごくいがったんですよ~。
二戸市観光協会の堀内事務局長がね、「この講師の村尾さん、すごく話が面白いし勉強になるから、ぜひ行って聞いてきてみて」と、参加申し込みをしてくれまして。
そういうのすごくいいよね。
ありがたや~



DSC_8766.jpg
そんなこんなで会場の岩手教育会館到着。
盛岡駅からここまで、「でんでんむし」(盛岡駅周辺の循環バスの名前)を逆回りで乗っちゃったことは秘密だよ…



DSC_8774.jpg
もうね、村尾さんがとにかく話がとっても面白くて、ためになる事例紹介や、すぐにでもできる行動のヒントなど盛りだくさんで、講演時間があっという間でした!(確か1時間半くらいだったかな…?)



DSC_8776.jpg
写真撮影OKだったので、印象に残ったスライドをいくつか…。
「観光業は最も楽しい産業」
「まずは自分達が楽しむこと」

もう、ほんとそうだよね。
ケイティもそう思ってたよ~!



DSC_8777.jpg
わがるーーー!!
「ライバルはディズニーランド」って話、わがるーーーー!!

首都圏とか地方だとか、行政だとか接客業だとか関係なしに、「お客さま」にあたる人達を楽しませるってことにおいて、参考すべきはディズニーランド。



DSC_8778.jpg
「オール」!!
確かにそう!!
そうなんだよねー!!
もう、村尾さんの話に激しく納得で膝を打ちすぎて、膝に靑タンできるレベル!!(笑)

「何何は誰誰が担当だから」とかじゃないんだよねー!
もう、この地域に住んでる人みんな、みんなだよ!!
みんなで「楽しい」を発信して伝えて行かなきゃだよーー!!



DSC_8784.jpg
…ちょwww
わがりすぎて爆笑www
「お客さま」にあたる人との写真は、率先して笑顔で写りましょう!…ってことで

村尾さんが実際に会場で映したスライドはこの10~20倍くらいはあったと思うんだけど、全部写真撮り切れなかったので、このくらいでゴメンだよ~
この他にもたっくさん、村尾さんご自身の実践例や、「みんなにもすぐできること」をいくつも紹介してくれたりしたんだけど…。
ケイティもさっそくやってみたことがあります!

それはね…、
「地域を応援するときに、地域の名前が入った服を着てPRする」ってこと。

えー!!そこ!??
…って思うでしょ?思うよね(笑)。
ケイティ、年に数回、人前で活動紹介みたいな話する時あるからさ。その時の衣装としても、「二戸」って文字が入った服が欲しいと思ってたんだよね。
でも、そもそも仕事としてだけでなくて、普段買い物したりする時ですら「二戸大好きです!」って気持ちをアピールしたいなとはずっと思ってて。



NINOHE CITY WEAR1
どーーーん
作っちゃいましたー
二戸を愛する気持ちを表現する普段着、NINOHE CITY WEARE



NINOHE CITY WEAR2
しかもーーー!!!
2種類ーーーーーー!!!(笑)

かっこいいでしょう…?
普段着としても、出張で東京に行く時も、人と会う時も、とにかく大活躍です
このNINOHE CITY WEAREについては、ロゴデザインやプリント発注の経緯も「深イイ話」があるので、また後日ブログ記事に書きますね~





そして、11月29日(木)。
今度は久慈市の岩手県北広域振興局主催で「やさしい日本語のすすめ」という研修会に参加しました。



DSC_9038.jpg
場所は、久慈地区合同庁舎。
日本人で英語がペラペラな人って周りにそんなにたくさんはいなかったりするけど、でも、「英語できないから外国人のお客さんが来た時にしゃべれないな…」って遠慮しちゃったりしてる人に、「英語がペラペラじゃなくても、やさしい(簡単な)日本語で話すことでちゃんと外国人に伝わることもある」…という、画期的な視点での研修でした。



DSC_9039.jpg
スゴい
参加していた岩手県北バスの方が、実際に社内で活用しているという外国人のお客さま向けの説明書き(英語や中国語を併記)の資料を見せてくれました。



DSC_9040.jpg
二戸市役所職員と二戸市観光協会スタッフによる「TEAM二戸」で、グループワーク。

ちょうどこの日の前の日に、ケイティたまたまおぼない旅館のハイキュー部屋を見せてもらって、おぼない旅館には世界各国からお客様が泊まりに来ている…って話を聞いたばかりだったので…。

その時のブログ記事はこちら
ケイティと一緒に楽しむ、二戸エクスペリエンスツアー後記 NO.3

「役所やなにゃーとにいると気づかないだけで、実は、ハイキュー効果で二戸駅東口からバスで金田一温泉や軽米町移動する外国人客が結構多いのでは?」
…と過程して、できそうな事などをいろいろ話し合ってみました。



DSC_9041.jpg
うん、まずは、こんな感じかなぁ。
「外から人を呼ぼう」「外国からも来てもらおう」というのは当然のことなんだけどもさ
「現時点で、既になんらかの興味を持って二戸に来てくれている人達」にも、もっと目を向けてもいいよね。
外国から来てくれる人なら特に、言葉とか、交通手段とか、食事とかの面で困ったことはないか。どこか改善できることはないか…。とかとか。

おぼない旅館の若女将のももこさんの話だと、金田一温泉から軽米町方面に向かうハイキューファンが多いそうなんだけど、外国の方にバスの乗り方・降り方の説明をするのがゆるぐないらしいんだよね…
何か、簡単にでも英語表記の案内チラシとか作れたらいいなと思いつつ


まんず、「英語がしゃべれなくても、日本語でわかりやすく伝える方法もあるんだ…!」って気づかせてくれる素晴らしい内容の研修だったので…
ぜひ二戸でも開催してもらって、旅館やホテルや、駅周辺で接客・販売に携わってる人たちにもこの考え方をシェアできたらいいよね

関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ