FC2ブログ

一戸町の平孝商店

おはようございます。
ここのところ、夜何回か目が覚めてしまって熟睡できない…という日々が続いていたので、何とかしたいと思って寝る時に枕元に置いているスマートフォンの電源を切るようにしてみたところ、熟睡する時間がわんつかですが長くなってきているような気がするケイティです。

さて。
今日は、二戸市のお隣一戸町の話です。
二戸市中心部から、一戸町中心部まで、車で15分くらいで行けちゃうからね…。
ほんと近い


DSC_9426.jpg
いわて銀河鉄道の一戸駅から徒歩2分くらいのところにある、平孝(ひらこう)商店。
先週、こちらのお店に初めておじゃましてきたんですよ~。

なぜ平孝商店に行くことになったかと言うと…。
ちょっと長いんだけど、経緯を書きますね
ケイティの職場は二戸市観光協会なんだけど、先週、山形県の日本海側からはるばる二戸駅まで来たという女性の方が観光案内所に立ち寄ってくれまして…。
「竹細工のざるを買いたいので、一戸町のもみじ交友舎(竹細工製品の販売や、体験ができる施設)への行き方を教えてほしい。」
…ということだったんです。
念のため、商品ラインナップ等を確認するためにもみじ交友舎に電話したら、今はざる系の商品は置いてない…とのこと。
更に一戸町役場に問い合わせして、一戸町内で竹ざるを置いてそうなお店がないか聞いたところ、「平孝商店にあるかも?」…と教えてくれました。
そこから平孝商店にも電話してみたところ、「今年は材料の竹が取れなくて、全体的に商品が不足してるんですけどね…竹かごと竹ざる、何種類か置いてますよ~」と、すごくわかりやすく親切丁寧に教えてくれたのです!!
山形の女性は一旦はもみじ交友舎にタクシーで行くということだったのですが、平孝商店の住所もお伝えしました。

数時間経って、もみじ交友舎から帰って来た山形の女性がまた観光案内所に寄ってくれて、「展示用だった竹ざるをなんとか購入させてもらえました~」と報告しに来てくれたんです。
いや~、欲しかったものが買えてよかったよかった。
わざわざこのために、山形の日本海側から来たんだもの。

帰りの新幹線の時間のこともあり、平孝商店には寄れなかった…ということだったので、代わりに(?)と言っちゃーなんだけど、ケイティが平孝商店に行って、竹細工の商品を見て来つつ、電話で親切に対応してくれたご主人にもご挨拶させてもらおうかな~、と思ったわけなんですよ。

以上が、ケイティが平孝商店に行った経緯であります



DSC_9418.jpg
そんなわけで、一戸町の平孝商店。
一戸町の竹を使って、一戸町の人が編んだ、正真正銘「MADE IN ICHINOHE」のかごバッグです。
めっちゃかわいい~

何を隠そう、ケイティ実は竹のかごバッグがすごく好きでして…。
2年前の冬に、一戸町の御所野縄文博物館の「竹のかごバッグ作り」に申し込み、3月の極寒の雪道を種市から御所野まで果敢に車で運転してったほどです。
その時に作ったかごバッグは、今でもずっと愛用してます~

ちなみに、写真左側に写っているのは、二代目のご主人。



DSC_9422.jpg
こちらの方が、親切丁寧な電話対応をしてくれた三代目のご主人、平野祐二さん。
平孝商店は、生活用品・雑貨等の販売だけでなく、合鍵作ったり、バイクの修理をしたり、いろいろ幅広いようです。



DSC_9420.jpg
竹ざるもあったー!
小さくってめんこいな。
小物を置いておくのとかにも良さそうだな~。
大きさを表す単位が「尺」で書かれてるのも素敵ね


DSC_9419.jpg
こちらも、一戸町の方が作った箒。
柄のところについている布がそれぞれ違って、すごくめんこい。

…てか、値段を書いている紙が、「鉄道荷札」の裏紙なんですけどーーー!(笑)
この鉄道荷札自体がすごくレアなものなんじゃないのかな?



DSC_9427.jpg
これは…、何だろう…。
何に使うんだろう…。

気になるものがいっぱいの平孝商店です



DSC_9423.jpg
レジの後ろで、傘発見!
うわー、ケイティ、数年前に傘の骨が折れちゃって使い物にならなくなって以来新しいの買ってなくて、そろそろ傘欲しいな…って思ってたところだったのよー!
(うん。いくら車社会だからって、もうちょっと早く傘買おうかw)

しかも…。
大型量販店とかじゃないので傘1本で3000円くらいするかな…?と思ったら、ケイティが選んだのはまさかの850円でした!
びっくりー!!
いいお買い物ができてよかったです
どうもありがとうございました~!



DSC_9424.jpg
お店の外では、二代目ご主人が黙々と柿を向いていました。
なんだかこういう光景、古き良き日本…って感じ



DSC_9428.jpg
車を停めてある、平孝商店の建物脇で、板壁がすごくいい雰囲気だなぁ~と思って見ていたら…。
ん?
何か吊るさってる!?
…って、柿じゃん!!
二代目ご主人が剥いてた柿じゃんーーーー!!
干し柿、こういう吊るし方もあるんだ…。


平孝商店、かなり面白いのでぜひ行ってみてほしいです

平孝商店
【住 所】 〒028-5311 岩手県二戸郡一戸町高善寺野田110-2
【電 話】 0195-33-2101



関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ